1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. ヒメクグ
【科名】
カヤツリグサ科
【和名・別名】
姫莎草 Cyperus brevifolius var. leiolepis
【撮影日時】
2016年10月5日(水)/14時47分〜15時01分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎農道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ヒメクグは、日当たりのよい畑の縁付近及び道端に生える多年草です。地中で根茎を伸ばして増殖します。
種子島では、サトウキビ畑で見かけることが多いです。
ヒメクグ

ヒメクグの花期は、7〜10月です。写真のものは、サトウキビ畑の縁付近で群生しているものです。草丈は、高いもので15センチほどです。

ヒメクグ花序

ヒメクグの花序です。茎の先端部に、葉状の苞が3個あります。その合間に球形状の花序をつけます。

ヒメクグ花序

茎の先端部の花序です。直径は、7〜10ミリです。ほとんどが1個つけています。

ヒメクグの群生

根茎を長く伸ばして増殖する多年草です。葉は、3ミリ前後の線形です。

ヒメクグの群生

通常、他の雑草とともに群生することが多いです。写真のものは、ハマスゲとともに群生しているものです。

2016.10.5〜