1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. コシオガマ
【科名】
ゴマノハグサ科
【和名・別名】
小塩寵 Phtheirospermum japonicum (Thunb.) Kanitz
【撮影日時】
2006年10月14日/8時05分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田二本松鹿之峯
【名前の由来】
***
【コメント】
コシオガマは、あまり見る機会がありません。この日、初めて出会った草花です。
イネ科の植物(ススキなど)に寄生する半寄生植物で、珍しい草花です。
種子島の各地で、観察できるかは不明です。
コシオガマ

コシオガマの花期は、9〜10月です。草丈は、約35センチです。周辺を見てもここ以外に咲いている様子はうかがえません。

コシオガマの茎・葉の画像

写真でも分かるとおり、茎だけではなく全体的に、白いせん毛に覆われています。

コシオガマの花の画像

花は、茎の上部の葉腋につけています。花の直径は、約2センチです。薄紫路の花びらは、上下に分かれています。

コシオガマの葉・茎の画像

葉は、対生し、三角形で切れ込みが深くなっています。さらに小さな鋸歯があります。

コシオガマの花・茎の画像

茎は直立し、さらに成長すると、葉腋から枝は出します。上部の葉腋に薄紅色の花をつけます。茎などに触れるとべたべたします。

2013.12.17〜