ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 10月の草花 > アフリカヒゲシバ

【 草花の諸データ 】

【科名】
イネ科
【和名・別名】
阿弗利加髭芝 Chloris gayana Kunth
【撮影日時】
2016年10月8日(金)/10時43分〜11時20分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間大平道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

アフリカヒゲシバというと、名前からして、野性的な芝をイメージします。南アフリカ原産の帰化植物です。道端に生える1年草の大型雑草です。

最近、種子島でも急速に増殖しています。

【注意】文中の数値データは、撮影時の実測値です。

アフリカヒゲシバの花期は、8〜10月です。日当たりのよい空き地や道端、舗装道路の隙間などに群生しています。

背丈は、82センチ、中には、100センチを超えるものもあります。

アフリカヒゲシバの花序

茎の先端部に、12〜18本の花序をつけています。花序の長さは、3.7〜14センチ、幅は、6〜7ミリです。

アフリカヒゲシバの花序

花序には、多くの小穂がつきます。その小穂に、長いヒゲをつけています。写真でも確認できます。

アフリカヒゲシバの根元

写真は、根元部分を撮影したものです。株を成しています。茎の色は、褐色です。

アフリカヒゲシバの茎

写真は、茎を撮影したものです。茎の節から枝分かれをして伸びています。

葉の長さは、10〜28センチ、幅は、1.3〜1.5センチの線形です。先端部は、枯れていることが多いです。

アフリカヒゲシバ
アフリカヒゲシバの根部分

厄介なことに、舗装道路では、側溝などの隙間部分に株を作り、横一列に群生することもあります。大変丈夫な根です。

アフリカヒゲシバの花序

ほとんどが、花序は乾燥状態になっていることが多い中、これから、花序を出すものもあります。

アフリカヒゲシバの群生

アフリカヒゲシバは、場所によって、道沿いで大群生することもあります。背丈は、1メートルを超えるものです。

2016.10.11〜