1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. コブナグサ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
小鮒草 Arthraxon hispidus
【撮影日時】
2016年10月10日(月)/13時45分〜13時57分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉農道沿い
【名前の由来】
葉の形が小鮒に似せたものによります。
【コメント】
コブナグサは、通常の日当たりがよく少し湿っぽい道端などに生える1年草です。原産地は、東南アジア、日本などです。
コブナグサの特徴は、茎を囲む葉の形状です。
【注意】文中の数値は、撮影時の実測値です。
コブナグサ

コブナグサの花期は、8〜11月です。写真のものは、畑の土手沿いで群生しているものです。草丈は、49センチです。

コブナグサの花序の画像

茎の先端部に4〜13個の花序の枝を出します。花序の長さは、2〜3センチです。穂の長さは、5.7センチです。

コブナグサの葉の画像

葉は、長さ3.7〜4.7センチ、幅は、1.5〜1.8センチです。先端部はとがり、葉の縁には、毛があります。写真でも確認できます。

コブナグサの群生・茎・葉の画像

茎付近の葉の基部は、心形で茎を抱き込むようについています。また、茎には縦に筋が通っています。

コブナグサの群生した画像

コブナグサの群生です。道沿いということで、葉の縁が傷んでいるものが多いです。

2016.10.10〜