1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. コヨメナ
【科名】
キク科
【和名・別名】
小嫁菜/別名インドヨメナ Kalimeris indica
【撮影日時】
2015年10月13日(火)/9時56分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎、住吉形之山
【名前の由来】
***
【コメント】
秋に咲く野菊の代表といえる草花です。普通に道端で見かけるコヨメナです。密集して咲いてくれるので、見ごたえのある草花です。
実際は秋に咲くコヨメナですが、種子島は温暖なところですので、場所によっては5月ごろから咲くコヨメナもあります。花びらは薄い紫色をしています。花びらの直径は3〜4センチ前後で高さは30〜50センチくらいです。
花びらに近い葉には鋸歯はありませんが、下の方には粗めに鋸歯があります。花びらはやや後ろに反り返っているのが特徴です。
コヨメナの多数花を咲かせている画像

コヨメナの花期は、7〜10月です。暖地の種子島では、通年花を咲かせていることもあります。写真の高さは、約40センチです。それほど大きいものではありませんが、見栄えのよいコヨメナでした。

コヨメナの花の画像

枝先に、直径3センチほどの薄紫色の頭花を1個ずつけています。

コヨメナの花の画像

コヨメナの頭花を真上から撮影したものです。花が寄り添っていることもあります。

コヨメナの群生・花の画像

葉は、同じ向きに単葉でつけたり、対生したものも見かけます。全般的に不規則的です。倒披針状楕円形で、長さは7〜10センチ、幅は、1.5〜2.5センチです。茎の中ほどより、縁に大きな鋸歯があります。

コヨメナの群生した画像

通常、道端では群生というよりはグループで生えています。しかし、湿った場所ならどこでも見られるというものでもありません。ヨモギや茅などの草むらに生えていることが多いです。

2013.12.21〜