1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. ナンバンギセル
【科名】
ハマウツボ科
【和名・別名】
南蛮煙管/別名オモイグサ Aeginetia indica
【撮影日時】
2015年10月13日(火)/12時37分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉広域農道沿い
【名前の由来】
花全体が煙管の形に似ていることに由来します。
【コメント】
ナンバンギセルは寄生植物で、ススキの根元に咲いています。高さは、20センチ前後です。
赤紫色で筒状の花びらで、草むらの秋を代表する草花です。種子島でもたくさん見ることができます。
ナンバンギセル

ナンバンギセルは、山野の日当たりのよい道端で見かけます。場所によっては、茎に見えるような花柄が何本か出ていることもあります。

ナンバンギセル

ナンバンギセルの花柄は、通常1本が多いです。花柄の高さは、10〜20センチほど。

ナンバンギセル

花柄の先端部に筒状の淡い紫色の花をやや下向きにつけます。花の中に、球形状のさく果があります。

ナンバンギセル

ナンバンギセルの花期は、7〜10月です。通常、写真のごとく草むらの中に生えているのです。

ナンバンギセル

ススキ以外で、ミョウガやサトウキビにも寄生するといわれています。こちら種子島にはサトウキビ栽培が盛んですが、ちょっとナンバンギセルと見たことがありません。

2013.12.19〜