ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 10月の草花 > ヒヨドリバナ

【 草花の諸データ 】

【科名】
キク科
【和名・別名】
鵯花、Eupatorium makinoi
【撮影日時】
2015年10月7日(水)/9時55分〜10時33分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市中割万波鍋割坂道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

種子島のやや山間部の道路沿いでよく見かけるヒヨドリバナです。10月になると、次第に満開を迎えてきます。たくさん花を咲かせているので、蝶が集まってきます。

ヒヨドリバナは、北海道から九州の山野に生える多年草の草花です。背丈は、1メートル前後です。葉は、葉は対生で広披針形で薄く毛があります。

これから晩秋にかけて、アサギマダラが蜜を吸っているのをよく目にします。車窓からもよく確認できるヒヨドリバナです。

なお、フジバカマに良く似た草花です。

ヒヨドリバナは、通常、里山の道沿いで群れて咲いていることが多いです。背丈は、80センチくらいです。

ヒヨドリバナの頭花

頭花は、散房状で5個ほどの白色の両性の筒状花です。

ヒヨドリバナの蜜を吸うアサギマダラ

花を咲かせると、アサギマダラが蜜を吸うために寄ってきます。

ヒヨドリバナの群生
ヒヨドリバナのグループ

ヒヨドリバナの花期は、8〜10月です。道沿いでは、グループを成しています。

2013.12.15〜