1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. ヒメムカシヨモギ
【科名】
キク科
【和名・別名】
姫昔蓬 Conyza canadensis
【撮影日時】
2011年10月1日(土)/9時35分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西下石寺農道沿い、ほか
【名前の由来】
***
【コメント】
ヒメムカシヨモギは、アメリカ原産の帰化植物で、道端や荒れ地などで普通に見られます。
頭花は小さく、3ミリほどです。花期は7〜10月といわれています。
ヒメムカシヨモギの全体の画像

草丈は、1〜1.8メートルくらい。茎は枝分かれしていません。しかし、頂部では多数の花序をつけて枝分かれしています。

ヒメムカシヨモギの頭花の画像

ヒメムカシヨモギの頭花です。白いので、結構目立ちます。これによく似たものが、オオアレチノギクです。見分けのポイントは、葉の枝垂れが、あるかないか、また、花の形などです。

ヒメムカシヨモギの頭花の画像

茎の上部でよく枝分かれします。その先端部に円錐状に小さな頭花をつけます。頭花には、白い舌状花が多くつきます。【平成28年8月30日撮影】

ヒメムカシヨモギの茎・葉の画像

中部付近の茎と葉です。全体的に披針形の葉を上向きにつけています。葉の表面、裏面には毛がありません。縁に白い毛があります。【平成28年8月30日撮影】

ヒメムカシヨモギの全体の画像

全体的に葉、茎は緑です。草丈は、人の高さくらいはあります。【平成28年8月30日撮影】

2013.12.15〜