1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 10月の草花>
  4. ソナレムグラ
【科名】
アカネ科
【和名・別名】
磯馴葎 Hedyotis strigulosa var. parvifolia
【撮影日時】
2016年10月17日(月)/16時15分〜16時20分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西上石寺海岸
【名前の由来】
磯に生育するのに馴れているとの意味合いがあります。
【コメント】
ソナレムグラは、通常、海岸の岩場の隙間や草地に生える常緑の多年草です。
種子島の海岸にも自生しており、この時期の白い花は、珍しいです。
ソナレムグラ

ソナレムグラの花期は、8〜10月です。草丈は、ほとんど10センチ以内です。グループを成して、点在しています。

ソナレムグラ群生

全体的に、多肉質の葉で光沢があります。葉の長さは、1〜2.5センチで、幅は、0.6〜1.2センチの長楕円形です。

ソナレムグラの花

ソナレムグラの花は、白色で、先が4〜5裂して開花します。全般的に、4裂が多いです。

ソナレムグラ

すでに、実をつけており、薄い紫色です。葉の表面に触れると、すべすべしています。

ソナレムグラ

海岸では、ほかの野草と共に生えています。白い花が印象的です。

2016.10.17〜