ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 10月の草花 > ヒメタイヌビエ

【 草花の諸データ 】

【科名】
イネ科
【和名・別名・学名】
姫田犬稗 Echinochloa crus-galli (L.) P.Beauv. var. formosensis Ohwi
【撮影日時】
2016年10月4日(火)/11時15分〜11時36分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西上石寺水田
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

ヒメタイヌビエは、水田に生える雑草で、大変厄介な1年草です。

種子島では、稲の収穫の終わりとともに、急速に生えてきます。

ヒメタイヌビエの花期は、7〜10月です。茎の直径は、根元付近で、節目を除き約3ミリです。赤褐色を帯びています。背丈は、80センチ前後です。

ヒメタイヌビエの多数の花序

茎の先端部に、長さ8〜14センチの花序をつけます。小穂は、薄緑から次第に、暗い褐色に変化します。

ヒメタイヌビエの小穂

先端部に対生して小穂をつけます。その数は、12〜18個です。通常、偶数個つけています。小穂の長さは、37ミリ、幅は、6〜7ミリです。

ヒメタイヌビエ
ヒメタイヌビエの花序

初期のころは、薄緑色の小穂をつけます。葉は、長さ10〜28センチ、幅は、1.2〜1.5センチです。

2016.10.7〜