キツネノボタン

ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 7月の草花 > キツネノボタン

キツネノボタン
【科名】
キンポウゲ科
【和名・別名】
狐の牡丹
【撮影日時】
2011年7月16日(土)/10時36分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉深川農道沿い、A西之表市榕城松畠市道沿い
【写真情報】
画像サイズ[@49.8KB、A25.4KB]、カメラ[Nikon D300]
【名前の由来】
***
【コメント】
キツネノボタンは、春から夏にかけて咲く雑草です。しかし、除草剤や農薬の普及によりキツネノボタンは、あまり見かけなくなってきました。深川の道沿いで見つけたキツネノボタンです。湿っぽい場所で、普通は生えています。茎などに毛がないので、ケキツネノボタンと見分けができます。花自体は鮮やかな黄色で花並びもよく、果実が球形になっています。キツネノボタンは、毒をもっていますので注意が必要です。
 
春に開花したキツネノボタン 道端のやや日陰の湿っぽい場所で、ウマノアシガタに混ざって咲いていることもあります。<--- 2012年3月23日(金)/9時32分写す... at D300
2013.12.17〜