ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 4月の草花 > キツネノボタン

【 草花の諸データ 】

【科名】
キンポウゲ科
【和名・別名】
狐の牡丹 Ranunculus silerifolius
【撮影日時】
2017年4月18日(火)/14時13分〜14時23分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町道沿い
【名前の由来】
水田付近に生え、葉形がボタンの葉に似ていることによります。

【 生態状況 】

キツネノボタンは、春から夏にかけて咲く雑草です。しかし、除草剤や農薬の普及によりあまり見かけなくなってきました。

道端の水路付近に生えているものです。通常、湿っぽい場所で、普通に生えています。

茎などに毛がないので、ケキツネノボタンと見分けができます。花自体は鮮やかな黄色で花並びもよく、果実が球形になっています。

なお、全体的に毒をもっていますので注意が必要です。

キツネノボタンは、水田のあぜ道、道端の用水路付近の湿地帯に生える多年草です。開花時期は、3〜7月です。背丈は、24〜34センチです。

キツネノボタン枝先花

茎から枝分かれした先端部に直径0.9〜1.5センチの黄色い5弁花をつけます。花びらは光沢があり、撮影すると白飛びします。

キツネノボタン根元の葉

写真は、根元付近の葉です。長い柄があり3出複葉で、さらに、小葉は、3裂して縁には鋸歯があります。ケキツネノボタンに比べて、丸みがあるので見分けがつきます。

キツネノボタン
キツネノボタン球形状の果実

開花が終わると、球形状の果実ができます。そう果は、扁平状で、花柱がカギ状になるのが特徴です。これが、ケキツネノボタンとの見分けるポイントとなります。

キツネノボタン全体画像

通常、キツネノボタンには毛がないとされますが、全くないとは限らず。根元の茎付近には、白い毛があります。

2013.12.17〜