1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. オニヤブソテツ
【科名】
オシダ科
【和名・別名】
鬼藪蘇鉄 Cyrtomium falcatum
【撮影日時】
2015年4月17日(金)/9時08分〜9時29分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上浦田湾道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
オニヤブソテツは、道沿いの林の縁や海岸付近で多く見かけます。一般的に、日当たりの悪い樹木の根元に寄生するかのように生えています。
観賞用としても人気が高いといわれています。生えている様子も綺麗です。市街地に近いところでも見かけます。
一年を通じて鮮やかな緑色が楽しめるオニヤブソテツです。
オニヤブソテツ

オニヤブソテツは、内陸部の林でも見かけますが、海岸の近い場所でも生えています。浦田湾の道沿いのものです。

オニヤブソテツ海岸

オニヤブソテツは、海岸の石の間に根を張りだし生えていることもあります。

オニヤブソテツ葉

オニヤブソテツの葉は、光沢があり光を反射しています。そして、葉の先端部は鋭くとがっているのが特徴です。

オニヤブソテツの群生

オニヤブソテツの茎は、茶色の冠毛に覆われています。日当たりの悪い場所で生えています。

オニヤブソテツ茎・冠毛

根元の茎です。茶色の冠毛に覆われています。場所によっては、群生していることもあります。

2013.12.21〜