1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. メキシコマンネングサ
【科名】
ベンケイソウ科
【和名・別名】
メキシコ万年草 Sedum mexicanum
【撮影日時】
2015年4月26日/12時18〜36分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎
【名前の由来】
***
【コメント】
メキシコマンネングサは、人家近くで群生しています。写真でも分かるとおり、一面黄色で染まっています。花は密集しており、葉は小柄で互い違いについています。
花びらは直径1センチ前後の黄色で5枚の星型になっています。背丈も20センチくらいです。鮮やかな黄色に圧倒されてしまいます。
メキシコマンネングサ

メキシコマンネングサは、場所によっては、大きな群れをなすことがあります。特に農道道沿いなどでよく見られます。

メキシコマンネングサ真上から撮影したもの

メキシコマンネングサの原産地はメキシコといわれています。特に人家付近で群生しています。

メキシコマンネングサ横から撮影したもの

背丈は、10センチを超えるものも見かけます。根に近い方は、やや茶褐色に染まっています。

メキシコマンネングサの群生

メキシコマンネングサは、元来観賞用として導入された園芸植物だったとされていますが、それが野化して道路沿いや荒れ地などに生育しています。

メキシコマンネングサ群生

真上から見ると、隙間もないほどじゅうたんを敷きつめたような群生です。鮮やかな小さい黄色の花が目立っています。

2013.12.18〜