1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. オニタビラコ
【科名】
キク科
【和名・別名・学名】
鬼田平子/Youngia japonica
【撮影日時】
2015年4月10日(金)/12時41分〜13時00分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間高峯、畠田
【名前の由来】
***
【コメント】
オニタビラコは、春を代表する草花です。田畑や道路の土手沿いなど場所を選ばず、咲きほこっています。
特徴は、四季に関係なく通年見れることです。花びらの直径は0.8〜1センチ前後で多数ついています。代表する雑草の一つです。
近寄ってみると花並びもよい草花です。
オニタビラコ

オニタビラコは、株を連ねたように群生することもありますが、独立して点在することもあります。

オニタビラコ群生・花びら

畑の手入れを怠ると、オニタビラコが一面生えることもあります。高さも80センチはあります。

オニタビラコ先端部の花びら

オニタビラコの先端部の花びらです。すでに白い冠毛もあります。

オニタビラコ群生

株を連ねたように群生することもあります。さとうきび畑でよく見かける光景です。

オニタビラコ群生

休耕地の畑では、隙間もないほどに群生します。すでに白い冠毛も出来ています。

2013.12.15〜