1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ヒメコバンソウ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
姫小判草/別名スズガヤ
【撮影日時】
2015年4月26日(日)/11時26〜52分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎道沿い
【名前の由来】
小さな穂が小判草に似ているため付けられています。
【コメント】
ヒメコバンソウの原産国は、ヨーロッパといわれています。田んぼや畑、道沿いで必ず見かける草花です。ひとつの茎にたくさんの小さな穂をつけています。
風が吹くと小さな穂がゆれ動き、耳を近づけると小さな音を発します。穂は薄緑色で、3〜4ミリくらいです。高さはまちまちで、20〜40センチくらいです。
ヒメコバンソウは、全般的に日当たりがよい場所で群生しています。
ヒメコバンソウ

ヒメコバンソウは、日当たりのよい少し乾燥した荒れた畑などでグループを成して群生します。

ヒメコバンソウ花序・小穂

不思議なことにヒメコバンソウの穂は全般的に南を向いて出してきます。太陽の方向です。

ヒメコバンソウ小穂

小さい穂は三角状卵形です。幅は約4ミリです。それが垂れ下がっているのです。

ヒメコバンソウ花序

ヒメコバンソウの花期は、5〜7月といわれています。種子島は暖地なので4月には花を咲かせています。

ヒメコバンソウ群生

休耕畑では、群生することもあります。グループを成して生えています。

2013.12.15〜