ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 4月の草花 > マツバウンラン

【 草花の諸データ 】

マツバウンラン

【科名】
ゴマノハグサ科
【和名・別名】
松葉海蘭
【撮影日時】
2015年4月24日(金)/9時23〜44分
【撮影場所】
鹿児島県南種子町平山広田道沿い
【名前の由来】
葉が松葉に花がウンランに似ていることに由来しています。

【 生態状況 】

種子島の各地の水田付近、湿っぽい場所で群生している草花です。背丈は20〜40センチくらいです。

マツバウンランは、近くでよく観察すると、大変可愛い草花です。しかし、草花というよりは、雑草として急速に繁殖しているといいます。

水田のあぜ道、牧草地など種子島でも身近に多く見かけます。

マツバウンランは、場所によっては、大きな群れをなすことがあります。特に水田付近の土手、牧草地などでよく見られます。

花を密につけたマツバウンラン

マツバウンランの原産地は北アメリカといわれています。唇形をした薄青紫色の小さな花を つけます。

マツバウンランの花

花冠は、上下に深く2つに裂け、花の直径は約1センです。全般的に花は左右対称です。

マツバウンラン
マツバウンランの花

がく片から長い尾状の距を後方につき出しているのが特徴です。その様子が写真から確認できます。

2013.12.18〜