1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ネズミムギ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
鼠麦/別名イタリアン・ライグラス Lolium multiflorum
【撮影日時】
2017年4月12日(水)/12時43分〜12時45分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納軍場農道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ネズミムギの原産地は、ヨーロッパといわれています。一般的には、イタリアンの牧草として知られています。牧草が、野性化して通常の道沿いでも見かけるようになっています。
背丈は80センチを越える穂状植物です。初夏に花を咲かせ、牧草地帯で多く見かけます。
ネズミムギ

ネズミムギの開花時期は、4〜8月です。高さは、88センチです。畑の縁及び土手付近で見かけます。

ネズミムギ穂状花序

茎の先端部に、長さ22〜32センチの穂状花序をつけます。小穂の長さは、2センチです。

ネズミムギ根元

根元を撮影したものです。放射状に茎を伸ばし斜上します。

ネズミムギ茎・葉

葉は、茎を抱くように葉耳があります。長さは13.5〜22センチで、幅は10ミリの線形です。現在でも牧草として栽培されているものです。

ネズミムギ茎・穂状花序

根元からよく分岐して直立します。その先端部に穂状花序を出します。写真は、その初期のものです。

2013.12.19〜