1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. オランダガラシ
【科名】
アブラナ科
【和名・別名】
和蘭辛子/別名クレソン Nasturtium officinale
【撮影日時】
2017年4月23日(日)/10時02分〜10時05分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間伊原水田付近
【名前の由来】
***
【コメント】
オランダガラシは、水田付近の用水路の中で、大群生するヨーロッパ原産の多年草です。
日本には、明治時代に渡来し、それが全国に広まったとされる帰化植物です。
サラダ用のクレソンとして食べられているものです。それが野生化したものです。
オランダガラシ

オランダガラシの開花時期は、4〜6月です。背丈は、20〜50センチです。苗代が終わったころに生えてきます。

オランダガラシ花

茎の上部でよく枝分かれして、その先端部に、白い十字型の小さい花を多数つけます。花の大きさは、直径約6ミリです。

オランダガラシ茎・葉

葉は、互生して出します。茎は、赤褐色を帯びています。また、葉柄基部は茎を抱き込んでつきます。

オランダガラシ水の中群生

こちらは、水の中にひげ根を出して生えているものです。最初は、こんな感じで、次第に大群生します。

オランダガラシ葉

鮮やかな緑色で、3〜11個の奇数羽状複葉です。

オランダガラシ葉・花

繁殖力が強く水辺で大群生します。茎の先端部に白い花をつけます。

オランダガラシ大群生

隙間もないほど大群生している状況です。

2017.4.24〜