ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 4月の草花 > シラン

【 草花の諸データ 】

【科名】
ラン科
【和名・別名】
紫蘭 Bletilla striata Reichb. fil
【撮影日時】
2017年4月15日(土)/12時24分〜12時26分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市内
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

シランの原産国は、日本・中国といわれています。春になると、シランが庭先で咲いて楽しませてくれています。

最近、野性化したものを多く見かけます。ほとんどが、人家近くで、群生していることが多いです。

これから花を咲かせるため見ごろを迎えます。紫色がとても鮮やかで、素敵な花です。

シランの開花時期は、3〜5月です。背丈は、30〜43センチです。日当たりのよい場所で群れて咲いています。繁殖力も旺盛です。

シラン花

一つの根から1本の茎が出て、その先端部に紫色の総状花序を6〜8個つけます。下の花序から開花します。

シラン花葉

葉は、4〜5枚つけており、長さ20〜33センチ、幅は2.5〜5.5センチの広披針形で、先端部はとがっています。鮮やかな緑が素敵です。

シラン群生
シラン花葉

花の大きさは、直径3.5〜4.5センチです。下唇花片には、白っぽいひだがいくつかあります。

2013.12.21〜