1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 5月の草花>
  4. シロザ
【科名】
アカザ科
【和名・別名】
白藜/別名シロアカザ Chenopodium album
【撮影日時】
2015年4月26日(日)/11時30〜33分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎
【名前の由来】
***
【コメント】
シロザは、ユーラシア原産で古代農耕時代に渡来した史前帰化植物です。通常、各地の道端、荒れた畑、荒れ地などに生えています。
種子島では特に畑で多く見られます。少し手入れを怠ると、やや乾燥した畑で群生することもあります。
シロザの花期は、9〜10月といわれています。
シロザ

シロザは、日当たりのよい乾燥した畑で群生することもあります。さらに繁殖力も旺盛です。

シロザ上部の葉

上部の若葉です。白っぽく見えるのが特徴です。

シロザ葉・茎

高さは、50〜60センチくらいです。これよりさらに背丈を伸ばします。畑のいたるところに生えています。

シロザ葉・茎

葉は、卵形より少し三角形になっています。縁には、不揃いの鋸歯があります。畑などに生える1年草です。

シロザ群生

シロザの若葉は、食用にもなるといわれています。種子島では、8月ごろ花を咲かせます。

2015.5.2〜