ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 3月の草花 > ウラジロ

【 草花の諸データ 】

【科名】
ウラジロ科
【和名・別名】
裏白 Gleichenia japonica
【撮影日時】
2017年4月18日(火)/17時23分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田二本松道沿い、下西池野農道沿い
【名前の由来】
ウラジロの由来は、葉の裏が白いことで名前が付けられています。

【 生態状況 】

種子島のシダ類の中で、最もポピュラーなものが、このウラジロです。山間部の道沿いで多く見かける常緑性のシダ植物です。

春になると、一斉に新芽を出し、翼を広げたような格好になってきます。ハングライダーの形に見えてきます。

ウラジロは縁起物として扱われ、特に正月の飾り物に使われます。例えば、門松や飾り餅の敷物などに使用します。

ウラジロの新芽を出す時期は、4〜5月です。成長すると背丈は1メートルを超えます。林の縁付近で群生しています。

ウラジロぜんまい状の新芽

春の雑木林の縁付近で、ぜんまい状の新芽を出します。中心部は枝分かれしています。

ウラジロぜんまい状の新芽

これより更に成長すると、二つに枝分かれします。そして、ここで上への成長を休止します。

ウラジロ新芽

成長が止まると、新芽は横斜め方向に伸びます。そして、羽状になる葉に成長します。

ウラジロ全体
ウラジロ葉

ウラジロの葉です。羽状の葉がほぼ対生しており、その数は、34個前後です。

ウラジロ葉

山間部の道沿いや農道沿いで、少し乾燥した土手沿いで見かけます。春先に一斉に枝を伸ばす頃には、翼を広げている様子は戦闘隊などに見えてきます。【平成23年5月4日撮影】

2013.12.15〜