1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ショウブ
【科名】
サトイモ科
【和名・別名】
菖蒲
【撮影日時】
2017年4月18日(火)/11時33分〜11時42分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田中之町水田
【名前の由来】
***
【コメント】
ショウブは、通常水辺の植物で、沼地、水田の縁で群生する多年草です。原産地は、日本、東アジア、ユーラシア大陸といわれています。
ショウブの正式な漢字名は「白菖」とされています。ショウブ特有の芳香が周辺に漂っています。
端午の節句には、菖蒲湯につかるという風習もあります。そのしょうぶ湯に使うのが写真のものです。
やがて、ヒメガマの花に似たものを咲かせます。
ショウブ

ショウブの開花時期は、通常5〜7月とされています。暖地種子島では、4月に開花します。背丈は、23〜72センチです。繁殖力も旺盛です。

ショウブ肉穂花序

花茎の先端部に長さ6センチ、幅1.3センチの肉穂花序を斜め上向きにつけます。薄い黄緑色です。

ショウブ根茎

葉は、長いもので72センチ、幅は1.3〜1.8センチの線形です。根元は、やや褐色を帯びています。根茎は漢方薬として利用されているという。

ショウブ群生・肉穂花序

付近一帯に群生していますが、花を咲かせているものは少ないです。花茎の先端に長さ4〜7センチ、直径10ミリ前後の肉穂花序を斜めに出します。

ショウブ群生

水田の隅に群生しているものです。開花しているものは、5本くらいです。

2014.5.15〜