1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. コウボウシバ

草花・植物の諸データ

【 科・属名 】
カヤツリグサ科スゲ属の多年草
【 和名・別名・学名 】
弘法芝、Carex pumila
【 撮影日時 】
2015年(平成27年)4月24日(金)/10時30〜52分
【 撮影場所 】
鹿児島県熊毛郡中種子町熊野海岸
【名前の由来】
土の中の根を筆に使ったといわれ、それを弘法大師に例えたもの。更に、コウボウムギより小さいために付けられています。

生態状況

海岸の砂地に、普通に自生するコウボウシバです。高さは10〜20センチで、葉の幅は3〜4ミリくらいです。
見た目は、ほとんどコウボウムギと変わりません。
現在、種子島の海岸で群生しています。

  • コウボウシバ
    コウボウシバは、海岸の波打ち際付近まで生えていることがあります。砂地に根を張りだし丈夫に生えています。
  • コウボウシバ
    コウボウシバは、コウボウムギとよく似ています。その違いは、芝の穂があるものがコウボウシバです。
  • コウボウシバ
    写真は、コウボウシバを真上から撮影したものです。コウボウムギと間違うほどよく似ています。
  • 果期のコウボウシバ
    果期のコウボウシバです。地下茎で増殖します。通常グループで群生していることが多いです。上部の小さな穂が雄、下部の穂が雌小穂です。
  • コウボウシバ先端部の雌小穂
    茎の先端部の雌小穂です。丸くふくれています。葉の表面は光沢があります。