1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. コウボウムギ
【科名】
カヤツリグサ科
【和名・別名】
弘法麦/別名フデクサ Carex kobomugi
【撮影日時】
2015年4月17日(金)/12時15〜34分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市伊関浜脇海岸、沖ヶ浜田海岸
【名前の由来】
土の中の根を筆に使ったといわれ、それを弘法大師に例えたもの。
【コメント】
海岸の砂地に、普通に自生するコウボウムギです。穂の形が麦に似ていることから名前の由来にもなっています。
高さは、約10〜20センチくらいで、付近一帯群生しています。春に薄黄緑色の小さな穂を多数つけます。
現在、種子島の海岸で、花を咲かせています。
コウボウムギ

コウボウムギは、海岸の波打ち際付近まで生えていることがあります。砂地に根を張りだし丈夫に生えています。写真は、雌株です。

コウボウムギ雄株の穂

写真は、雄株の穂です。違いは穂の形にあります。花期は、4〜7月といわれています。

コウボウムギ雌株

写真は、雌株です。沖ヶ浜田海岸のものです。砂地で生えています。

コウボウムギ雌株と雄株

コウボウムギの雌株と雄株です。穂の部分に違いが分かると思います。

海岸の砂地に生えたコウボウムギ

海岸の砂地に生えています。どちらかというと雌株が多いです。

2013.12.17〜