1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ヒエガエリ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
稗返り Polypogon fugax Steud
【撮影日時】
2017年4月23日(日)/10時01分〜10時11分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町野間伊原水田付近
【名前の由来】
***
【コメント】
日当たりのよい水田のあぜ道、用水路付近に生える2年草です。苗代が終わるころに開花します。
ヒエガエリ

ヒエガエリの開花時期は、4〜7月です。背丈は、20〜50センチです。先端部の花序は、横に広がり、上部はやや茶褐色に、中間付近は白く、下部は薄緑色です。

ヒエガエリ円錐状の花序

茎の先端部に、長さ8センチ前後の円錐状の花序をつけます。花序の太さは、2.5〜5センチです。次第に太くなります。

ヒエガエリ根元茎

根元付近を撮影したものです。茎は、放射状に広がり、先端を傾斜させて伸びています。葉の大きさは、長さ5〜14センチ、幅は、5〜10ミリの線形で白く見えます。

ヒエガエリ花序

開花初期のころの花序は、主軸にぴったりとくっついた状態で、ほぼ円柱状です。花序の色は薄緑色です。

ヒエガエリ群生

用水路の土付近、あぜ道、水田の縁で群生しています。

2017.4.24〜