1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. コナスビ
【科名】
サクラソウ科
【和名・別名】
小茄子
【撮影日時】
2015年4月26日(日)/12時03〜08分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田村之町、下西川迎
【名前の由来】
名前の由来は、果実が小さいナスに例えたものです。
【コメント】
コナスビは、通常道沿いでよく見かけます。花びらには、めしべが1つ、おしべは5つあります。五角形で花並びもいいですね。
花びらは1.5センチ前後で小さな花びらです。鮮やかな黄色が目立ちます。
コナスビ

コナスビは、場所によっては、花を密につけていることもあります。日当たりのよく少し湿っぽい場所に生えていることが多いです。【平成20年4月15日撮影】

コナスビ茎・花

コナスビの背丈は、10センチ前後です。茎はやや茶色で小さい軟毛があります。

コナスビ花

コナスビの黄色の花びらです。直径7ミリ前後の小さい花びらです。

コナスビ羽。茎

コナスビの花期は、5〜6月といわれています。種子島は暖地なので、4月には花を咲かせています。

コナスビ花・茎

通常、道端や庭などに生える多年草です。少し湿り気のある場所で見かけます。葉腋に小さい花をつけます。

2013.12.17〜