1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 11月の草花>
  4. チガヤ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
【撮影日時】
2015年4月26日(日)/11時23〜36分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎
【名前の由来】
群生して生えるカヤの意味から付けられています。
【コメント】
春になると、田んぼや畑の土手沿い、野原など場所を選ばず群生しているチガヤです。日本全土に生える草花です。
小さい頃、若い穂を食べていたものです。高さもまちまちで、20〜60センチくらいです。
チガヤ

種子島では、4月になると一斉にチガヤが穂を出してきます。特に田畑の土手付近、野原での群生が見られます。

チガヤ花穂

チガヤの花を咲かせる前の穂状をツバナと呼んでいます。風が吹くと一斉に花穂が揺れて風情があります。

チガヤ穂状花序

チガヤの花序は長さ10〜20センチ、巾1センチぐらいの円錐状です。ほとんどまっすぐに伸びています。

チガヤ円形の花序

チガヤの花序をいろいろ見ていると、穂の先端部が、枝に絡んで円形になっているのもあります。また、チガヤの根は、利尿、止血に用いられています。

チガヤ多数の穂状花序

開花時期には、畑の土手付近で一斉に穂状花序を出します。小穂は、長さ約4ミリで、基部には約1.2センチの絹毛が密生します。

2013.12.21〜