ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 4月の草花 > スズメノヤリ

【 草花の諸データ 】

【科名】
イグサ科
【和名・別名】
雀の槍/別名スズメノヒエ Luzula capitata
【撮影日時】
2017年4月2日(日)/9時51分〜10時26分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市古田道沿い
【名前の由来】
穂先の花が毛槍に似ているため付けられています。

【 生態状況 】

スズメノヤリは、田畑や道端で普通に見かける多年草です。

特に、水田の土手付近で群生しています。大きな特徴は、葉に白い毛がたくさん付いていることです。

【注意】文中の数値は、撮影時の実測値です。

スズメノヤリの開花時期は、通常、4〜5月です。背丈は、5〜21センチです。

スズメノヤリの頭花

スズメノヤリの赤褐色の頭花です。大きさは、直径13ミリです。

スズメノヤリの茎と葉

スズメノヤリの茎と葉です。葉は、長さ2.2〜5センチです。根元付近ではこれより長いです。幅は、2〜3ミリの線形です。葉の茎の付け根付近には、白い長い毛があります。

スズメノヤリ
スズメノヤリの群生

ほかの雑草と混在して生えていることが多いです。頭花は、次第に薄緑色から褐色へと変化します。

2013.12.21〜