1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ミヤコグサ
【科名】>
マメ科
【和名・別名】
都草/別名エボシグサ Lotus japonicus
【撮影日時】
2015年4月16日(木)/12時35分、12時51〜57分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市横山沖ヶ浜田線道沿い、西之表市安城大野道沿い
【名前の由来】
京都に多かったことに由来しています。
【コメント】
ミヤコグサは、春を大いに飾ってくれます。鮮やかな黄色が見事です。群生して咲いているのが一般的です。その群生の塊が、あちこちあると遠くからでも、その黄色い花に圧倒されてしまいます。
ミヤコグサは、たいへん丈夫で、花期も長いために季節感がほとんど感じられません。真冬でも咲いています。
雨風、そして塩害にもほんとうに強い花です。海岸沿いから、内陸部まで幅広く見ることができます。
ミヤコグサ

ミヤコグサは、場所によっては、大きな群れをなすことがあります。特に海岸付近の道沿いなどでよく見られます。

ミヤコグサ花・茎

ミヤコグサは日本全土に分布する草花です。種子島では四季を問わず花を咲かせています。

ミヤコグサ花

花の形がマメ科の特徴をしています。鮮やかな黄色が目につきます。

ミヤコグサの群生

地面を這うように増殖します。花柄の先端部に黄色の花を咲かせます。

ミヤコグサ花・茎

葉腋から出た花柄の先に鮮やかな黄色の花を1〜3個つけます。花の長さは、1〜1.5センチです。小葉は、長さ5〜13ミリです。

2013.12.18〜