1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ミドリハカタカラクサ
【科名】
ツユクサ科
【和名・別名】
緑博多唐草 Tradescantia fluminensis 'Viridis'
【撮影日時】
2017年4月12日(水)/10時47分〜13時24分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納下郷、軍場道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
ミドリハカタカラクサは、日当たりが悪く少しジメジメした場所に生えています。花びらは3枚で真っ白い草花です。
花びらの直径は2.5センチ前後で、細かいひげみたいなものがたくさんあります。葉や茎は鮮やかな緑色をしています。
ミドリハカタカラクサ

ミドリハカタカラクサの花期は、4〜6月です。観賞用に導入されたものが野生化した帰化植物です。場所によっては、大きな群れをなすことがあります。

ミドリハカタカラクサ花・葉・茎

背丈は、40〜50センチです。花弁は白色で、3個が同じ形です。

ミドリハカタカラクサ花

花の直径は、約2.5センチです。黄色の雄しべは、6個、雌しべは、1個です。

ミドリハカタカラクサ茎・葉

写真は、茎や葉を撮影したものです。葉のついた茎周辺は、白く変色していることもあります。葉の位置がはっきりしています。

ミドリハカタカラクサ群生

一般的に、隙間も出来ないほどに群生します。葉は、長さ4〜8センチです。葉には、数本筋が見えています。やや日当たりの悪い水気のある場所です。

2013.12.18〜