ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 4月の草花 > セイヨウタンポポ

【 草花の諸データ 】

【科名】
キク科
【和名・別名】
西洋蒲公英 
【撮影日時】
2017年4月14日/8時44分〜8時51分、4月18日/11時43分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上中目空き地・水田付近、古田中之町農道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

セイヨウタンポポは、春を代表する草花です。ヨーロッパ原産の多年草です。日本には、明治時代に渡来したとされる帰化植物です。単純にタンポポというと、西洋タンポポを指します。

少し荒れた田んぼの中、あぜ道、道端の土手付近、空き地などでで多く見られます。

鮮やかな黄色がひときわ目に付きます。密集して咲いてはいないけど、ほど良い間隔で咲いていることが多いのです。

セイヨウタンポポの開花時期は、3〜9月です。背丈は、高いもので30センチです。日当たりのよい空き地、水田付近に生えています。繁殖力も旺盛です。

セイヨウタンポポの頭花

セイヨウタンポポの頭花は、3.5〜5センチです。総苞片は、下向きにややそり返っています。

セイヨウタンポポ

開花が終わると、綿帽子になります。水田のあぜ道に生えているものです。

セイヨウタンポポ冠毛

綿帽子です。そう果は、長さ4〜5ミリの灰褐色、茶褐色です。長いくちばしの先端に、白い綿毛の冠毛がつきます。その大きさは、直径4.5〜5センチの球形状です。

セイヨウタンポポ
セイヨウタンポポ

写真のものは、頭花を6個つけています。セイヨウタンポポは、色々な名前に使われ親しまれています。

2013.12.21〜