1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. スズメノテッポウ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
雀の鉄砲 Alopecurus aequalis
【撮影日時】
2017年4月3日(月)/1259分〜13時04分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町坂井熊野水田
【名前の由来】
穂先が雀に使う鉄砲に似ているため付けられています。
【コメント】
スズメノテッポウは、水田、休耕田などで見られる越年草です。日本には、古代農耕(ムギ栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
ちょうど苗代時期に開花する雑草です。花序は褐色を帯びています。日本各地で見られる雑草とされています。
スズメノテッポウ

スズメノテッポウの開花時期は、4〜6月です。高さは、20センチ前後です。葉の長さは、15センチ以下で、幅は3〜5ミリの線形です。

スズメノテッポウ花序

スズメノテッポウ花序は、長いもので8センチ、幅は3〜5ミリの円柱形です。小さな穂を多数つけています。

スズメノテッポウ根元

スズメノテッポウの根元の中心部を撮影したものです。中心から放射状に茎を出し先端部は上に伸びながら生えています。根元付近の茎は赤みを帯びています。

スズメノテッポウ群生

休耕田でごく普通に生える1〜2年草の野草です。茎は、根元付近で曲り斜上しています。

スズメノテッポウ群生

写真は、休耕田の中に生えたスズメノテッポウです。放射状に生え水田一面に群生しています。

2013.12.21〜