1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. カラスムギ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
烏麦/別名チャヒキグサ Avena fatua
【撮影日時】
2017年4月12日(水)/9時50分〜12時28分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市榕城小牧野、安納軍場
【名前の由来】
***
【コメント】
カラスムギの原産地は、ヨーロッパといわれています。日本には、古代農耕(ムギ栽培)栽培とともに渡来したといわれ、史前帰化植物の一つとされています。
特に畑の土手や道端で見かけます。背丈は1メートルもあります。大型の穂状植物です。畑では、牧草に混ざっていることもあります。
【注意】文中の数値は、撮影時の実測値です。
カラスムギ

カラスムギの開花時期は、通常5〜7月です。暖地種子島では、それより早めに開花します。高さは、40〜124センチの1〜2年草です。

カラスムギ花序

花序の長さは、11〜29センチです。小穂の長さは芒も含めて、4.7〜5.0センチです。本体は3センチです。

カラスムギの根元

写真は、カラスムギの根元を撮影したものです。茎が集まり、株を成すように成長します。葉は、長さ10〜22センチ、幅は8〜13ミリの線形です。

カラスムギ畑の縁・土手付近

畑では、土手及び縁付近で生えていることが多いです。また、牧草に混ざっていることもあります。

カラスムギ畑では大型の雑草

畑で生えると大型の雑草です。牧草地ならば飼料になりますが、それ以外は厄介なものです。

2013.12.17〜