ふるさと種子島 > 四季折々の草花 > 4月の草花 > ノゲイヌムギ

【 草花の諸データ 】

【科名】
イネ科
【和名・別名】
芒犬麦 Bromus sitchensis
【撮影日時】
2017年4月12日(水)/12時22分〜13時02分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市安納軍場、下西川迎道沿い
【名前の由来】
***

【 生態状況 】

農道沿いで、たくさん見かける穂状植物です。特に日当たりのよい畑の土手付近で群生しています。

ノゲイヌムギの原産地は、南アメリカといわれています。高さはまちまちですが、60〜80センチくらいです。

ノゲイヌムギの開花時期は、4〜7月です。背丈は、30〜80センチの多年草です。道端では、やや大型の雑草です。

ノゲイヌムギの花

茎の先端部に穂状の花序をつけます。背丈が低い場合は、上向きに穂をつけています。成長するにしたがい穂が枝垂れるようになります。

ノゲイヌムギの花

小穂は扁平で、長さは芒も含めて、5.5センチです。小穂の色は、次第に赤黒くなります。【平成24年4月8日撮影】

ノゲイヌムギ
ノゲイヌムギの葉

畑の土手付近では、群生することもあります。

2013.12.19〜