1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. セトガヤ
【科名】
イネ科
【和名・別名】
瀬戸茅・背戸茅 Alopecurus japonicus
【撮影日時】
2009年4月29日/10時15分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市住吉里之町
【名前の由来】
裏の田に生えるという意味で付けられています。
【コメント】
春になると、水田のあぜ道沿いに生えるセトガヤです。全般的に群生しています。田植が終わり、苗が大きく成長する頃に見られる雑草です。ススメノテッポウによく似ていますが、穂状の部分がセトガヤこそ白っぽいので見分けが付きます。写真のセトガヤの高さは、約30センチです。
除草剤の普及で、水田付近も雑草が少なくなっています。
セトガヤ

セトガヤの開花時期は、4〜5月です。水田の縁付近に生える1年草です。

セトガヤ茎・花序・葉

花序の長さは、4〜7センチ、幅は4〜6ミリの円柱形です。黄緑色の小穂を多数つけています。

セトガヤ茎・葉・花序

葉は、長さ5〜13センチ、幅は4〜6ミリの線形です。

セトガヤ群生

花序は、スズメノテッポウとよく似ています。その違いは、葯の色が白いので花序が白く見えます。一方、スズメノテッポウは、褐色になっているので見分けがつきます。

セトガヤ群生

セトガヤは、根元の中心部から斜上せずに伸びています。

2013.12.21〜