1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ギシギシ
【科名】
タデ科
【和名・別名】
羊蹄 Rumex japonicus
【撮影日時】
2015年4月17日(金)/10時06分〜11時26分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市伊関小浜海岸、湊道沿い、伊関浜脇海岸
【名前の由来】
***
【コメント】
ギシギシは、通常の道沿いや海岸付近に生える大型の雑草のひとつです。初夏に薄黄緑色の花を咲かせます。
種子島では、海岸付近でもたくさん見かけます。写真のギシギシは、波打ち際付近のものです。満潮時には、海水が直近まで来ています。そのため、これ以上大きくならないギシギシです。
ギシギシ

ギシギシは、海岸の波打ち際付近まで生えていることがあります。石の間に根を張りだし丈夫に生えています。

ギシギシ花

写真は、海岸の道沿いに生えているギシギシです。淡い緑色の小さい花を密につけます。

ギシギシ先端部

写真は、ギシギシの先端部です。葉の付け根から伸びている花になる部分は、白くなっています。

石の隙間のギシギシ

海岸の石の隙間に根を張り出しているものです。高さは、30センチ以下ですが、成長すると60〜100センチになる多年草です。葉の縁は、波打っているのが確認できます。

ギシギシ海岸での群生

海岸のギシギシの群生です。若葉は食用にもなるといわれ、根は薬用になるといわれています。鮮やかな緑色です。

2013.12.17〜