1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ウマノアシガタ
【科名】
キンポウゲ科
【和名・別名】
馬の脚形
【撮影日時】
2017年4月6日(木)/11時51分〜12時02分
【撮影場所】
鹿児島県熊毛郡中種子町増田戸畑
【名前の由来】
***
【コメント】
ウマノアシガタは、日当たりのよい道端、畑の土手付近、休耕畑などに生える多年草です。
農家で家畜を飼っている方には、厄介な雑草のようです。家畜に食べさせると消化不良を起こすそうです。かなり丈夫で、少々の風にもびくともしません。
ウマノアシガタ

ウマノアシガタの開花時期は、4〜5月です。背丈は、30〜68センチです。

ウマノアシガタ多数の花

茎は枝分かれして、その先端部に光沢のある黄色い花をつけます。花の直径は、2センチ前後です。果実の大きさは、直径5〜6ミリの球形です。

ウマノアシガタ葉・茎

ウマノアシガタの茎、葉、葉の柄には、白い毛があります。葉は、3〜5裂しており、さらに切れ込んでいます。葉の縁は、暗紫色に縁どられています。

ウマノアシガタ根元の葉

根元付近の葉には、長い柄があります。葉は、根元から放射状に出て5裂しています。通常、道端、畑の縁付近で群生しています。

ウマノアシガタ花

茎は枝分かれして、その先端部に1個黄色の花をつけます。直径は、1.5〜2センチです。やや内側に花びらが曲っています。

2013.12.15〜