1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. オオバナコマツヨイグサ
【科名】
アカバナ科
【和名・別名】
大花小松宵草草 Rorippa indica
【撮影日時】
2017年4月30日(日)/8時33分〜8時35分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市下西川迎城ノ浜海岸
【名前の由来】
コマツヨイグサより花が大きいために付けられています。
【コメント】
オオバナコマツヨイグサは、北アメリカ原産の帰化植物で、道端、野原、空き地、海岸付近に生える2年草です。
茎に、白い軟毛が多く生えており、根元から放射状に伸びて、先端部は斜上します。
オオバナコマツヨイグサ

開花時期は、4〜10月です。花期の長い草花です。高さは、20センチ以下です。これから成長して背丈も伸びていきます。

オオバナコマツヨイグサ花

花は、茎から枝分かれしてその先端部に1個つけます。花は黄色で、直径は4センチ前後です。

オオバナコマツヨイグサ花

花びらは、4枚で、写真を見るとこれより多く見えます。昼間は、当然ながら萎んでいます。

葉は、長さ2〜6センチです。縁は上向きに波打っています。

オオバナコマツヨイグサ群生

海岸の土手付近で、他の雑草とともに群生しているものです。

オオバナコマツヨイグサ花

花びらは、4枚で複数に見えています。縁はやや内側にそり返り波打っています。

2013.12.17〜