1. ふるさと種子島>
  2. 四季折々の草花>
  3. 4月の草花>
  4. ソクシンラン
【科名】
ユリ科
【和名・別名】
束心蘭 Aletris spicata
【撮影日時】
2017年4月30日(日)/11時50分〜11時57分
【撮影場所】
鹿児島県西之表市国上野木平道沿い
【名前の由来】
***
【コメント】
道端や畑の傾斜した土手付近に群生する多年草です。初春にかけて開花し、直進的に伸びていきます。
ソクシンラン

ソクシンランの開花時期は、3〜6月です。高さは、11〜41.5センチで、繁殖力も旺盛です。

ソクシンラン花

花は、斜め上向きに密に穂状につけます。穂状の長さは、4〜34.5センチです。花の大きさは、直径2.5〜3ミリ、長さは5ミリです。また、花には白い毛が多くあります。

ソクシンラン花

花軸に小さな花を穂状につけており、花及び花軸には、白い毛が密生しています。花は、完全に開いてはいません。

ソクシンラン根元

根元付近を撮影したものです。葉は放射状に出ています。中心部から花軸を伸ばし、穂状に花を咲かせています。葉の長さは、5〜12センチ、幅3〜4ミリの淡緑色の線形です。

ソクシンラン花

花軸に小さな花を穂状につけており、花及び花軸には、白い毛が密生しています。花は、完全に開いてはいません。

ソクシンラン群生

花は、斜上し密に穂状につけています。苞は、線形で長さ3〜10ミリ、小苞は、1で長さは2ミリです。

ソクシンラン群生

道端の土手付近では、少し苔などが生えていると群生していることが多いです。直立に花軸を伸ばしています。

2013.12.21〜