1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. ホルトノキ

樹木の諸データ

【 科名 】
ホルトノキ科ホルトノキ属の常緑高木
【 和名・別名・学名 】
別名モガシ、学名 Elaeocarpus sylvestris var. ellipticus
【 撮影日時 】
2011年7月3日/9時29分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市古田十三番、ほか
【 その他 】
***

生態状況

ホルトノキは、5月になると、薄黄緑色の花を咲かせ楽しませてくれます。秋には実が熟し、オリーブと間違うことがあると聞きます。庭木や街路樹として、たいへん人気がある樹木です。

初夏のころ、葉の色が赤くなったものと新緑を同時に見ることができます。なお、赤くなった葉は、古い葉です。

開花状況のホルトノキ

春から夏にかけて、無数の花を咲かせますが、次第に花びらは白くなってきます。枝一面に隙間のないくらい蜜に小さな花を咲かせています。離れていても花粉の匂いが、周辺に漂っています。

新緑の頃のホルトノキ

初夏のころ、まばらに赤く染まった葉があって、木全体の見栄えが素晴らしいことです。【平成22年5月4日撮影】

ホルトノキの開花前の総状花序

枝、葉腋から総状花序の柄を出します。新緑の緑と、赤くなった葉と、花を咲かせるつぼみの状態が素晴らしいです。【平成22年5月4日撮影】

ホルトノキの枝

やがて、秋には紺色の実をつけていきます。樹皮は全般的に白く、模様になっています。【平成21年3月2日撮影】

海岸付近のホルトノキ

写真は、海岸に近い場所のものです。まっすぐに伸びており、途中から枝分かれしています。赤い葉と緑の葉が分かると思います。【平成27年3月23日撮影】

2014.9.18〜