ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > ハイネズ

【 樹木の諸データ 】

【 科名 】
ヒノキ科常緑低木
【 和名・別名・学名 】
這杜松 Juniperus conferta Parl.
【 撮影日時 】
2017年4月23日(日)/9時43分〜9時47分
【 撮影場所 】
鹿児島県熊毛郡中種子町納官平鍋海岸、屋久津海岸
【 その他 】
地面を這うように枝などを伸ばしていくことから付けられています。

【 生態状況 】

ハイネズは、日本の海岸線で見られる常緑低木の針葉樹です。海岸線の砂浜の陸地に自生しています。

その自然美に、庭木として人気があります。

海岸線の砂地の土手付近で群生し、それが無数に広がっています。まるで、じゅうたんを敷きつめたようになっています。その光景に思わず感動です。

ハイネズ花

ハイネズの花期は、4〜5月です。赤褐色の花を無数につけます。大きさは、直径7ミリ前後の球形です。そして、秋には白い果実をつけます。

ハイネズ果実

この果実は昨年の秋に熟したものです。それが春まで残っているのです。そして、夏から秋にかけて黒く熟すといわれています。

ハイネズ
ハイネズ葉・枝

葉は、3輪生し、鋭い針みたいなのが特徴です。これに刺されると痛いですので、近づく場合は注意が必要です。写真のものは、先端部を立ち上げています。【平成29年4月21日撮影】

ハイネズ

強い季節風や潮風にも耐えながら枝を地面に這わせ伸ばします。砂山が崩れると、根がむき出しになります。

2014.9.14〜