1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. ボタンクサギ

樹木の諸データ

【 科名 】
クマツヅラ(シソ)科クサギ属の落葉低木
【 和名・別名・学名 】
牡丹臭木、学名 Clerodendrum bungei、別名/ヒマラヤクサギ、ベニバナグサギ
【 撮影日時 】
2019年10月24日(木)/15時53分〜15時56分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市内
【 その他 】
***

生態状況

ボタンクサギの原産地は、中国南部といわれています。観賞用及び薬草として栽培するために導入されています。それが、いつの間にか野生化して生えているものです。クサギ同様に、葉や茎などに臭いがあります。

ボタンクサギ

開花時期は、9〜11月で、茎の先端部に淡紅紫色の小さな花の球形状の集合花序をつけます。雄しべが突きだし花を咲かせています。庭木として人気があるという。

ボタンクサギの密に咲かせた花

花の直径は、16ミリ(実測値)で、5裂しており、外側にそり返っているのが特徴です。その中心部から長い雄しべが出ています。花の長さは25ミリ前後(実測値)です。

ボタンクサギのつぼみと花

写真は、開花した小花、つぼみの状況です。つぼみは、直径4〜5ミリ(実測値)です。

ボタンクサギの群生

高さは、20〜135センチです。葉は対生し、長さ6〜26cm(実測値)の広卵形で、葉柄は、3〜23(実測値)センチです。低木にしては、かなり下部では大きな葉をつけています。

ボタンクサギの開花前の状況

開花前の状況です。暖地種子島では、晩秋まで花を楽しめます。葉はやや光沢があり、脈がはっきりしています。また、縁には粗い鋸歯があり、先端部はとがっています。

ボタンクサギの幹

ボタンクサギの幹です。ほぼまっすぐに伸びており、直径は、10〜16ミリ(実測値)で、薄い緑色で、白い荒い斑点が多くあります。

ボタンクサギの幹と葉柄

幹の中腹以降には葉は対生し葉柄を伸ばし葉をつけています。葉腋から何か芽を出しています。

ボタンクサギの群生

やや日陰で湿っぽい場所で群生しています。この付近には、アマクサギも自生しています。

※ 2020年6月22日(月)、西之表市能野で取材した野生化したボタンクサギの開花風景を紹介しています。この動画の中には、開花した球形状の集合花序、群生した状況、幹、葉、つぼみの状況、花を咲かせた状況などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

ボタンクサギ 茎の先端部に淡紅紫色の小さな花の球形状の集合花序をつけた開花風景〜種子島の自然

※ 2019年10月24日(木)、西之表市内で、野生化したボタンクサギの開花の模様を紹介しています。この動画の中には、開花した球形状の集合花序、群生した状況、幹、葉、つぼみの状況、花を咲かせた状況などを収録しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

野生化したボタンクサギ晩秋に開花!

2019.10.31〜