ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > オオバヤシャブシ

【 樹木の諸データ 】

大葉夜叉五倍子

カバノキ科

【 生態状況 】

オオバヤシャブシは、種子島のほとんどの道沿いで生えています。樹高は、5メートル未満のものが多いです。

オオバヤシャブシは、道路改善工事跡地でよく見かける樹木です。オオバヤシャブシの特徴は、やせた土地でも丈夫に育つことです。したがって、砂防用に利用されることが多いのです。

開花が終わると、夏には緑の果穂をつけます。多量のタンニンを含んでいることで黒色染料の材料にもなるといいます。また、オオバヤシャブシの葉は、はっきりしたスジができており、周囲は鋸歯があります。

オオバヤシャブシの花

新緑の頃になると開花します。まるでネコヤナギみたいな花をたくさんつけています。しかし、葉はほとんど芽の状態です。

オオバヤシャブシの熟した果実

早春のオオバヤシャブシは、開花したものや前の年に熟した果実などが残っています。

オオバヤシャブシ
オオバヤシャブシの緑と黒い果穂

秋を過ぎると緑の果穂は、しだいに黒く変色します。初春になると、緑と黒い果穂の両方をつけています。

2014.10.12〜