1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. クロガネモチ

樹木の諸データ

【 科名 】
モチノキ科モチノキ属の常緑高木
【 和名・別名・学名 】
黒鉄黐、学名 Ilex rotunda
【 撮影日時 】
2010年11月21日/15時23分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市古田十三番、ほか
【 その他 】
***

生態状況

クロガネモチの原産地は、日本、中国南部、朝鮮半島南部といわれています。種子島でも多く見かける樹木です。雑木林、川沿い、田畑付近で自生しています。初夏に開花します。

縁起のいい木として庭木や街路樹として大変人気があります。秋に赤く熟した実をつけているときが一番の見ごろです。

赤い果実を密につけたクロガネモチ

クロガネモチは、晩秋になると、目が覚めるような真っ赤な果実を無数につけます。その光景が本当に素晴らしいものがあります。

赤い果実を密につけたクロガネモチ

赤い実を付けることで、縁起のいい花木として親しまれています。通常は、民家の庭先に植樹していることが多いです。クロガネモチには、雄木と雌木があって、雄木には赤い果実は付けません。【平成23年11月26日撮影】

クロガネモチの開花

4月下旬ごろの状況です。新緑と共に小枝に多数のつぼみができて花を咲かせます。【平成21年4月22日撮影】

クロガネモチの幹・枝

樹皮は全般的に白です。幹は、曲がりくねっているものもあります。不思議な雰囲気ですね。【平成21年4月22日撮影】

クロガネモチの枝ぶり

通常、枝振りは楕円形状に広げます。写真は、その上にまで幹を伸ばし、2段栄えになっています。

2014.9.23〜