1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. センダン

樹木の諸データ

【 科名 】
センダン科センダン属の落葉高木
【 和名・別名・学名 】
栴檀、学名 Melia azedarach
【 撮影日時 】
2010年4月28日/15時15分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市古田道沿い、ほか
【 その他 】
***

生態状況

センダンは、各地に生えているので、ごく普通に見ることができます。センダンの大木は、学校や公共施設などでよく見ることもあります。、古くから親しまれてきた花木です。

春になると、薄紫色の花を咲かせてくれます。花びらは、薄い紫色で5〜6枚ついています。そして中心は約1センチほど突起しています。その花にたくさんのミツバチや蝶などが寄ってきます。

花を咲かせたセンダン

初夏の頃薄紫色の花を密に咲かせます。この頃新緑も鮮やかです。【平成19年5月11日撮影】

枝先に花を咲かせたセンダン

4月になると、枝先の先端部に散状花序を出し、薄紫色の花をつけます。周辺には、花の香りが漂っています。

枝先に花を咲かせたセンダン

葉は、奇数羽状複葉で、小葉は披針形です。葉柄の付け根から散状花序の柄を出し、その先端部に散状の花を密に咲かせます。

センダンの開花前の状況

若葉が出て、散状花序も出しています。開花前ですので、球形状になっています。【平成24年4月7日撮影】

センダンの茶色の果実

センダンは晩秋になると、果実が次第に黄色く熟してきます。写真のごとく、真冬になると、葉は付けてはいませんが、果実だけが残っています。センダンの果実は、殺虫剤の材料になるといわれています。【平成24年1月27日撮影】

※ 2021(令和3)年4月15・18日(木・日)、西之表市深川下石寺線、十三番鞍勇線沿いで取材した春のころ枝先に散状花序を出し芳香性のある薄紫色の花を咲かせたセンダン科センダン属の落葉高木のセンダンの開花風景を紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

センダン 春のころ枝先に散状花序を出し芳香性のある薄紫色の花を咲かせた開花風景〜種子島の自然

2014.10.7〜