ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > センダン

【 樹木の諸データ 】

栴檀

センダン科

【 生態状況 】

センダンは、各地に生えているので、ごく普通に見ることができます。センダンの大木は、学校や公共施設などでよく見ることもあります。センダンは、古くから親しまれてきた花木です。

春になると、薄紫色の花を咲かせてくれます。花びらは、薄い紫色で5〜6枚ついています。そして中心は約1センチほど突起しています。その花にたくさんのミツバチや蝶などが寄ってきます。

春のころのセンダンです。薄紫色の花を密に咲かせます。

センダンの花

花に近づくと、快い匂いが付近に漂っています。まさに自然の香水です。また、遠く離れていても、風に乗って花の匂いがしますので、強い芳香性があります。

センダンの果実

センダンは晩秋になると、果実が次第に黄色く熟してきます。写真のごとく、真冬になると、葉は付けてはいませんが、果実だけが残っています。センダンの果実は、殺虫剤の材料になるといわれています。

センダン
センダンの花

ほとんどのセンダンは、海岸近くで見かけます。木が軟らかいので枝が折れやすいです。

2014.10.7〜