1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. マテバシイ

樹木の諸データ

【 科名 】
ブナ科マテバシイ属常緑高木
【 和名・別名・学名 】
馬刀葉椎、学名 Lithocarpus edulis
【 撮影日時 】
2019年3月17日(日)/11時01分、16時04分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市池野鞍勇線沿い、ほか
【 その他 】
***

生態状況

マテバシイは、雑木林を形成している代表的な樹木で、種子島でもたくさん自生しています。海岸付近から内陸部にいたるまで広範囲です。

種子島での樹高は、7〜10メートルくらいです。山間部では、15メートル前後も見られます。しかし、海岸近くでは、樹高がやや低いのが一般的です。

大変硬い木で、木炭として最適な樹木です。若木は、正月の門松の飾り用として使われたりします。種子島では大切に扱われている樹木のひとつです。

マテバシイ

春のころのマテバシイです。通常、道端の雑木林の縁付近で生えていることが多いです。幹はほとんどまっすぐに伸びています。

マテバシイの花・果実

春のころの状況です。花と同時に、どんぐりになる果実もすでについていることもあります。マテバシイを遠くから見ると、こんもりとした雰囲気があります。【平成22年4月30日撮影】

マテバシイの新芽

春になると、小枝の先端部にいくつかの薄黄緑色の新芽を出します。【平成22年4月28日撮影】

マテバシイのどんぐり

秋になると、枝にどんぐりをつけます。先端部のほうがより茶色に変色しています。もちろん、食べられます。方向もさまざまです。雑木林は実りの秋です。木の下には、どんぐりが無数に落下していることもあります。【平成23年10月1日撮影】

マテバシイの数本の幹

マテバシイの幹です。根から幹が何本も出ていることが特徴です。写真でも確認できます。【平成21年4月18日撮影】

マテバシイ数本

道沿いで見られるものは、直径は20センチ以下で、樹高は、10メートル以下の小木がほとんどです。

※ 令和2年8月28日(金)、西之表市下西下石寺、住吉能野の道沿いの雑木林の縁付近に自生しているマテバシイのドングリの実の風景を紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

ドングリの風景 マテバシイ夏のころ小枝の葉腋に多数の果実をつけた風景〜種子島の自然

※ 令和2年5月23・24日(土・日)、西之表市上西花里崎、大崎、国上上之古田、中目、桜園、下西下石寺の道沿いの雑木林の縁付近に自生し、初夏のころ穂状の雄花序、雌花序を咲かせたマテバシイの開花風景を紹介しています。

なお、YouTubeでのアドレスとタイトルは次の通りです。

マテバシイ 初夏のころ穂状の雄花序、雌花序の開花風景〜種子島の自然

2014.9.27〜