1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. オオイタビ

樹木の諸データ

【 科名 】
クワ科イチジク属の常緑つる性
【 和名・別名・学名 】
大崖石榴 、学名 Ficus pumila
【 撮影日時 】
2017年4月20日(木)/11時05分〜11時16分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市上西道沿い、ほか
【 その他 】
***

生態状況

オオイタビは、暖地の海岸付近に生える常緑のつる性の植物です。ブロック塀、道路沿い、崖などに這い茂っています。繁殖力も強く、一面オオイタビのじゅうたんになってしまいます。

また、垣根にオオイタビを這わせていることも多いです。庭木として大変人気があります。

花のうをつけたオオイタビ

花期は、5〜7月です。イチジクに似た実をつけます。写真のごとく、たくさんの花のうです。秋から冬に熟すのですが、それが4月になっても残っているのです。

オオイタビの花のう

オオイタビの花のうを撮影したものです。花のうの下部には、黄色の斑点が多くあります。長さは5〜6センチ、直径は3.3〜3.7センチです。葉は、長さ4〜9センチで、幅は2.5〜6センチの楕円形です。

オオイタビの密につけた青い花のう

果実は、食べられるともいいます。しかし、食べられないとも言われています。どちらが本当かは定かではありません。したがって、むやみに食べることがないように注意してください。【平成21年5月23日撮影】

オオイタビの根元部分

道路沿いの急傾斜面に生えていることが多いです。写真は、根元部分を撮影したものです。色は白く、気根が多いです。

地面に這ったオオイタビの先端部

写真は、オオイタビの先端部です。地面を這うように伸びているのです。まさにつる性ですね。

初夏のころ青い花のうをつけたオオイタビ

道沿いの傾斜地に生えているものです。枝を伸ばしながら青い果実をつけています。初夏の頃です。【平成21年5月23日撮影】

2014.10.5〜