ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > オオイタビ

【 樹木の諸データ 】

大崖石榴

クワ科

【 生態状況 】

オオイタビは、暖地の海岸付近に生える常緑のつる性の植物です。ブロック塀、道路沿い、崖などに這い茂っています。繁殖力も強く、一面オオイタビのじゅうたんになってしまいます。

また、垣根にオオイタビを這わせていることも多いです。庭木として大変人気があります。

イチジクに似た実をつけるオオイタビ。写真のごとく、たくさんの花のうです。

オオイタビの枝

オオイタビの枝を写したものです。全体的に白くて、節みたいなものがあります。

オオイタビの果実

オオイタビの果実は、食べられるともいいます。しかし、食べられないとも言われています。どちらが本当かは定かではありません。したがって、むやみに食べることがないように注意してください。

オオイタビ
這い茂ったオオイタビ

道路沿いでは、写真のごとく這い茂っていることが多いです。

2014.10.5〜