ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > ヤナギイチゴ

【 樹木の諸データ 】

【 科名 】
イラクサ科の落葉低木
【 和名・別名・学名 】
柳苺 Debregeasia edulis
【 撮影日時 】
2017年6月19日(月)/10時04分〜10時08分、ほか
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市古田屋久川林道沿い、その他
【 その他 】
葉がヤナギのように細長く、果実がイチゴのように見えることによります。

【 生態状況 】

暖地に自生するヤナギイチゴです。種子島の雑木林で、まばらに見かけます。初春に花を咲かせ、初夏にオレンジ色の果実をつけます。

寒さにも強く、鉢植えなど人気のある花木です。場所によっては、冬枯れで葉の色が黄色く変色しているのもあります。

初夏にオレンジ色の果実をつけます。果実を無数につけているのが特徴です。

ヤナギイチゴ・花

ヤナギイチゴは、春に花を咲かせますが、種子島は暖地なので、2月には開花し始めます。【平成22年2月12日撮影】

ヤナギイチゴ・果実

果実の大きさは、直径8ミリ前後です。果実は食べられ、美味しいといわれています。

ヤナギイチゴ・葉

葉は、小枝に互生し、長さ8〜10センチ、幅は2〜2.5センチの細長い披針形です。縁には、小さい鋸歯があります。

ヤナギイチゴ
ヤナギイチゴ・幹

幹は、よく枝分かれし小枝を出します。樹皮の色は暗黒色です。そして、横に筋が通っています。また、表面はざらついています。

ヤナギイチゴ・果実

幹や小枝には、果実を多数蜜につけています。写真の場所は、内陸部の川岸です。水気のある場所で自生しています。

2014.10.12〜