1. ふるさと種子島>
  2. 種子島の花木・樹木>
  3. クスノキ

樹木の諸データ

【 科名 】
クスノキ科ニッケイ属の常緑高木
【 和名・別名・学名 】
樟・楠、学名 Cinnamomum camphora
【 撮影日時 】
2019年4月4日(木)/10時59分〜11時00分
【 撮影場所 】
鹿児島県西之表市住吉川曲雑木林付近、ほか
【 その他 】
***

生態状況

クスノキの原産地は、日本、中国南部、台湾、インドシナ半島などといわれています。古代から最も親しまれている花木です。人家周辺や神社などで大木を見ることがあります。昔から大事にされてきた樹木のひとつです。

通常、道沿いや雑木林でよく見かけます。写真のものは、10メートル以下の小高木です。昔から防虫剤の樟脳としてもたいへん有名です。

林道沿いの小高木クスノキ

林道沿いの小高木で、数本がまとまって生えているものです。これから若葉が次第に茶褐色に染まります。【平成31年3月17日撮影】

林道沿いの小高木クスノキ

林道沿いの小高木です。若葉が鮮やかな茶褐色に染まっています。また、光沢もあります。

クスノキの幹・小枝・若葉

春のころ幹のあちこちから小枝が出て軟らかい若葉をつけます。成長が早く、大木になりやすいといわれています。

林道沿いの小高木クスノキ

林道沿いの小高木です。樹高は7メートル前後、幹の直径は25センチくらいです。秋を過ぎるころ、次第に実が熟してきます。最初は、緑色をしていますが、気温の低下とともに、黒く熟してきます。葉や果実は、光沢があります。【平成26年9月23日撮影】

クスノキの花

春の頃、新芽とともにつぼみが出てきます。初夏に花を咲かせます。また、木全体芳香性があります。場所を問わず、多く自生しています。しかし、木が軟らかく、枝が折れやすい樹木です。【平成22年4月2日撮影】

クスノキの無数の果実

秋を過ぎるころ、次第に実が熟してきます。最初は、緑色をしていますが、気温の低下とともに、黒く熟してきます。葉や果実は、光沢があります。【平成26年9月23日撮影】

2014.9.24〜