ふるさと種子島 > 種子島の花木・樹木 > サンゴシトウ

【 樹木の諸データ 】

珊瑚刺桐

マメ科

【 生態状況 】

サンゴシトウは、エリスリナ という草木とアメリカデイゴとを交配させてできた植物で、オーストラリアで作られたものです。種子島でも道沿いで見かける樹木です。

花木の中で、赤い花を咲かせるものはほとんどない中で、このサンゴシトウの印象は強いものがあります。

初夏のころのサンゴシトウです。小枝には、多数の花をつけます。

サンゴシトウ

初夏のサンゴシトウです。何といっても赤黒い花びらの色が、落ち着きのある雰囲気を作り出しています。

赤い花を咲かせたサンゴシトウ

如何にも南国の花です。鮮やかな赤が目立ちます。

サンゴシトウ
サンゴシトウの花

横方向に広がり、花を付ける枝が何本か出ています。

2014.9.20〜